忍者ブログ

FF11 初心忘れるべからず?

なんとなくFF11をプレイしている管理人の、なんとなくつけようかと思った活動記録

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

侍戦隊シンケンジャー 最終幕 『侍戦隊永遠』

最終幕。
ドウコクとシンケンジャーの最後の戦い。
本当に最後までドウコクは強かった。最初はただの呑んだくれだと思ってた。
六門船で酒ばかり呑んで、ただ喚き散らしてるだけの存在。
途中でやられて、いなくなっちまうんじゃね?と思ったほど。

でも第四十幕、シンケンジャーの前に姿を現したドウコクを見て、その
イメージは払拭されたね。
そこはかとない強さ、威厳、恐怖、その存在感は破壊的で、ラスボスに
相応しい外道っぷり。
太夫を取り込んで封印も効かなくなり、シンケンジャーとの力の差を
まざまざと見せ付けられたとき、マジでどうやって倒すんだと思ったわ。


そのドウコクとの戦い
誰1人欠けても、ドウコクは倒せなかっただろうね。

ドウコクにやられて倒れた6人の前に駆けつけ、単身でナナシと戦った彦馬。
その彦馬の姿を見たからこそ、6人は起き上がることができた。

薫の言葉に感銘を受け、自身のモヂカラで「双」のディスクを作った丹波。
これによって丈瑠は烈火大斬刀を2つにして、ドウコクの注意を自分に
引き付けることができた。


まぁ、丹波がディスクを差し出したとき

丈瑠、目の前で割っちゃえwww

って思ったけどねwwwサーセンwwwwwwwwwwww


怪我をおしてでも志葉のディスクをもう1枚作った薫。
ディスクのモヂカラによって、ドウコクに致命傷を負わせたのはもちろんなんだけど
薫がシンケンジャーたちを理解し、信じたからこそなんだよね。

ちなみに薫が屋敷に来て、まだ5日も経っていないはず。
たったこれだけの短い期間で、丈瑠とみんなの関係、彼らの信念を見極め
理解した薫は、本当にすごいと思う。


それからもちろん、シンケンジャーたち。
それぞれの文字を組み合わせて「縛」の字を作ったこの技は、以前茉子とことはが
「風」と「山」を組み合わせて「嵐」にしたとき以来か。

「縛」
ぶっちゃけバインドなんだがwwwwwwwwwwww



流ノ介がドウコク(一の目)にトドメを刺したのは驚いたけども、これも丈瑠だからこそ
だと思う。当主が、レッドがトドメを刺さなければならないという決まりはない。
むしろ倒すことだけが目的で、だからこそレッドに気を取られているドウコクの隙を
つくために、あえて剣技では丈瑠と同等の力を持つ流ノ介に託したんでしょう。

別にイナゴとか思ってませんよwwww流さんwwwwwwwwwwwwwww


その大役を果たした流ノ介、あえて囮となった丈瑠。
その作戦を果たすために、ドウコクの動きをおさえる役目を果たした4人。

そして戦いに集中するために、見えないところでシンケンジャーのサポートに
回る黒子ちゃんたちも忘れちゃいけませんね。


素面での名乗りも格好よかった。
とくに源太、あれどれぐらい練習したんだろw


それから最大の見せ場、巨大ロボ戦。
ハオーの一撃で終了だろと正直ナメてた。
だんだんと初期化していくシンケンオーの姿は熱かった。
シンケンオーでトドメとか熱すぎる。

丈瑠がその最中、みんなに礼を言うシーンを見て

殿、それ死亡フラグwwwwwwwwwwwwwwww

とか思ったけども。


ドウコクとの戦いが終わって、彦馬と喜びを分かち合うシーンも.。.:*・゜゚・(´ー`).。*・゜゚・*:.。.



そして。
屋敷を後にする薫と丹波。

丹波、薫に見合い勧めるなwwwwwwwwwwwwwww



源太。

フランス行くのにイタリア色の帽子かよwwwwwwwwwwww



流ノ介。

舞うなwwwwwwwwwwwwwwwwwww




流ノ介が舞っている中、1人1人屋敷から姿を消していくシーン。


みんな流ノ介の踊り見てやれよwwwwwwwwwwwwwwww




みんなの進路は

流ノ介
シンケンジャーになってからも諦め切れなかった歌舞伎の世界へ。
ようやく心置きなく、歌舞伎に打ち込めるはず。

茉子
幼い頃から侍の修行のために離れて暮らしていた両親がいるハワイへ。
しばらく一緒に暮らして、また戻ってくると言っているので、そのときは
花嫁修業をするか保母さんのバイトをするのかな。

千明
一度は大学に受かったものの、シンケンジャーの召集のために入学することが
できなかったため、再度大学受験を。この一年、モヂカラと剣しか勉強して
なかったから、予備校通いになるでしょう。

ことは
京都の実家に帰って、家業の竹細工を続けることになるんでしょうか。
その前に、屋敷で過ごしたこれまでのことを土産話として、お姉ちゃんに
聞かせてあげるんだろうね。

源太
ダイゴヨウとともに、三ツ星目指してフランスへ。
とりあえず「普通の寿司」から脱却してくださいwwwwwwwww


志葉の家を丈瑠に任せて、丹波とともに屋敷を出る。ドウコクは倒したものの
三途の川は残っているので、これから先も現れるだろうアヤカシのために
志葉の血筋を守っていくのでしょう。

彦馬
屋敷に残り、今後はギターを始めるらしい。まさかのEDの伏線!
戦いがひと段落したので、これからはいつでも娘夫婦や孫に会いにいけますね。

丈瑠
屋敷に残り、十九代目当主として志葉の家を守っていくことに。
まだ三途の川からナナシ連中が出てくると思うので、これからもシンケンレッド
として戦っていくでしょう。
まあ、これまで侍教育しか受けてこなかったから、これからは社会復帰のため
彦馬に無理やりカルチャー教室に通わされる羽目になるんだろうけどw


ついでに、シタリ
生き残ったものの、ドウコクが死んだせいで六門船ごと三途の川に飲み込まれる。
これは来年のvsのフラグ???


まぁ、みんなが去って、賑やかだった屋敷の中が急に静まり返ったのを見て
終わるんだなぁと実感したというか。
それでもまた(来年のvsとか関係なく)みんな集まるんじゃないかなぁという
期待もあって、いいラストでした。

その余韻で、このあとのWはストーリーが頭の中入ってこなかったけどね。



終わりです。これで終わりです。

CMのあと、みんなで一緒に歌を唄おう!

のテロップ待ってたのにないなんて。
これだけが唯一の心残り。通常ver.のED見たかったなぁ。


一年間、本当に楽しめました。これほどハマった特撮は久しぶりだわ。
シンケンジャーに携わったすべての人に言いたい。


                         ,.-、
                        (火,,)__
                       ,,;;;;;;;;;;;\●/
                      (;;_;;_;;_;;_;;;∩
    .           ?__   レ|リ・д・´/ , ── 、
    .      ◇   、__/木:::::::ヽ_, ⊂ y ノ  (ここ水こ)  .人
    .     γ V  ヽ ('ll 'ヮ '∩lゝ  (つノ  .レ∩・w・リ')/ 土\
    .      k-天- >o  ヽy 〈    (ノ   \.〉 y/ (////////)
        ('!、・i _・∩ゝ   ヽヽ_)         (_ノノ  <∩^□^ミ')
         O,_y 〈                    .<〉 y,_O
           `ヽ_)                     (_/ ´
                 ア   ッ   パ   レ!



来週から「ハートキャッチシンケンジャー」とか始まりませんかね。
無理ですか。そうですか。

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

メリポ

最新記事

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

サル装備取得表

Copyright ©  -- FF11 初心忘れるべからず? --  All Rights Reserved

 / Design by CriCri / Photo by Claudia35 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ