忍者ブログ

FF11 初心忘れるべからず?

なんとなくFF11をプレイしている管理人の、なんとなくつけようかと思った活動記録

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

海堂尊作品

ウチの近所の本屋、いつになったら最新の電撃本販売してくれるんだ。
結構広い本屋なのにね。

それはともかく。
バチスタのシリーズ、「ナイチンゲールの沈黙」をまだ借りてなかったんだけど
どうやら持ち主の妹が持ってたらしく、ようやく読むことができた。

まぁ、その間にも他の本を借りて読んでたんだけどね。

「ナイチンゲールの沈黙」(田口&白鳥シリーズ)

バチスタと同じく、これもミステリー。
ちなみに「ジェネラル・ルージュの凱旋」の舞台と同時期に起こった出来事。
元々は同じひとつの話として執筆されてたんだけど、前後編分かれちゃう
って理由で、別タイトルとして刊行された作品ね。

感想は・・・書いちゃうと犯人わかるな。
「ドラマやってるからジェネラルルージュ読んだけど、本にチラッと出てくるあの人は何?」
って気になるなら、こっちで補完されてるから読んだ方がいいね。


「イノセント・ゲリラの祝祭」(田口&白鳥シリーズ)

高階と白鳥の策略によって田口が会議に出席することになった、厚労省を舞台にした話。
事件目当ての人には物足りないかもしれないけど、医療問題についての話として、自分は
面白く読めたかな。


「螺鈿迷宮」

バチスタと同じ都市ではあるんだけど、別の病院を舞台にした話。
ナイチンゲールの話でもチラリと出てきた病院ね。
まぁ、同じ病院で問題立て続けに起こったら、潰れちゃうよなw
立て続けに起こってるけど(ジェネラルルージュは公にはなってないか)

もちろん主人公は別の人物。でもジェネラルルージュに出てきた白鳥の部下、
姫宮も出ずっぱりだし、後半ではやっぱり白鳥も出てくる。
グッチーは名前だけの登場。


「ブラックペアン1988」

高階病院長や藤原さんがまだ現役のころの話。
過去のシリーズに出てきた猫田や花房もまだ若手看護婦だし、
田口、島津、速水に至ってはまだ学生として少しだけ登場。主人公は別の人物。

これは一番面白く読めた。ミステリーじゃないけどね。


「夢見る黄金地球儀」

バチスタと同じ舞台、桜宮での出来事なんだけど、時間軸は4年ぐらいあとになるのかな。
ナイチンゲールに出てくる人が再登場したり、ジェネラルルージュでちょこっと触れてた
ショッピングモールが出てきたり、螺鈿で起こった火災の話がちょこっと出てきたり。

で、これはミステリーじゃなくて、盗み計画をする人の話。
こういうの嫌いじゃないんだけど、途中で間延びした感があったかな。
もうちょっとテンポよく話が進むとよかったと思う。

----------------------------

以上がここ最近知人に借りて読んだ海堂尊作品。
で、読んで思ったのは、この作者、ミステリーによくある意外性は狙ってないんだな。
ああ、悪い意味じゃなくてね。

糸とか小さな機械とか、普通思いつかないだろって仕掛けを使ったトリックだったり
誰かに罪なすりつけて平然と出てきていながら、お涙頂戴が動機の真犯人だったり
読者に謎解きを提供するんじゃなくて、絶対に見破らせないようにしようって話は
自分としては興ざめするんだよね。

病院の話として読めば、どれも面白く読める。
だからミステリーの意外性を求めてる人にはオススメしないね。
って書くと酷評になるんだろうか。

ということで、一番面白いと感じたのはブラックペアン。
ミステリーじゃないけどねw

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

メリポ

最新記事

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

サル装備取得表

Copyright ©  -- FF11 初心忘れるべからず? --  All Rights Reserved

 / Design by CriCri / Photo by Claudia35 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ